アーカイブ


輝ける2003年

 期待感一杯で、2003年が始まりました。いつものように閑散とした東京でお正月を過ごしています。ガラ〜ンとした、静かな都会が好きなんだな・・・これが。

 今年はいきなり3日に雪が降ったり、と何か予兆めいたものを感じます。好い兆しであって欲しい。何となくそう願いながら、なぜか良い予感がしています。2日にお参りに行きました。おみくじを引いたら『大吉』と出ました。なんて、幸先がいいのでしょう!。常に初心で、コツコツと努力をすれば成就する・・・なんて事が書いてありました。急がずに、確実な一歩を踏み締めながら、目標に向かって行きなさいと言うことでしょうか。心に刻みたいと思います。そして今年もチャレンジをして行きたいと思います。まだまだいろんな事がやれるはず。挑戦こそが勝利への道です。先ずは体力を養って、気力の元を培う事が先決でしょうか。

 昨年、突然の閉鎖となったスポーツクラブも春には再開という、うれしいニュースも飛び込んで来ました。やれやれ、やっと落ち着き先が決まったという安堵感と私の期待通りになった、とますます運気良好を確信してしまいます。お気楽?、いやポズィティブと言っていただきたい。これでジックリと体力作りが出来ると言うことですから。何しろこの8ヶ月あまり、泳ぎもアクアビクスもやれなかったので体が固まって来ちゃって・・・ゆるんで(?)きたと言うべきか・・・とにかく、まずい状況なんですよ。お散歩くらいじゃ追い付きませんものね。でもって、食う、飲むはこれまでと変わらない訳ですから。そりゃあ、体型が変わらない訳がない。重力の法則通りに下へ、下へと向かうばかりです。ホントに!、まずい!!。ここで踏ん張らねば!、まだ間に合う、真剣に思う今日この頃なんです。また、そういう時に限って何だか「食」に恵まれるのよね?。昨年は食材が集まって来たこと。いろんな方からいろんな物いただきました。コンサートに行けばお土産が送られて来る。始まりは北海道の深川市からのアスパラ、メロン、ワインでした。数カ月おきに送って下さいました。それから知り合いのファンの方からお米、暮にはおもち。かまぼこやら、干物やら、お酒やら、またまた山形の知り合いからお米やらお漬け物やら、12月も思いがけない方からいただく事数知れず。ありがたい事です。その他に御中元と御歳暮が加わる訳で・・・。今も冷蔵庫と冷凍庫は満杯状態で、当分はお買い物知らずの日々が続きます。「食」が豊富というのは、人間どこか豊かになるものなのね。

 そうか!、ステージでこんな事言ったりするからかしら?!、皆さんくださるのは・・・・?。ということは・・・私って、そんなに貧相に見えたってこと?!。まあ、そんな事はないでしょうけど、ホントに皆さんのお心づかいには感謝しております。ありがとうございました。今年も又よろしくね、なんちゃって!。

 さて、我バンドも7年目に入ります。メンバーそれぞれ個性的ではありますが、バランスがいいというか、組み合わせがうまくいってると言うか、雰囲気がいいのです。皆、音楽には前向きで姿勢が変わらない。腕も勿論ですが、この前向きな気持ちがマンネリを吹き飛ばしているように思います。それぞれに敬意と信頼を持ちつつ、新鮮さを失わない、ホントにいいチームです。一丸となって今年も、もっともっとレベル・アップをめざして行きたい。ステージは楽しんでやる事、全力で向かう事、肝に命じて行きたいと思います。

 皆様、今年もよろしくお願いします。応援の方もよろしくお願いしますよ!。皆様にとっても良い年となりますように!。