アーカイブ


02_3_28

 おひな様もそろそろ片付けないと・・・。今月は日の経つのが早いんだか、遅いんだか・・・。毎年の事ながら桜が咲いて、お花見日和という矢先に雨が降る、風が吹く。そしていつの間にやら桜が散って、今年も時期が終わってた。ここ数年お花見どころか、じっくり桜を眺めることすらなかったかも知れません。あとで近くでも歩いてみましょう。今日はお天気も良く暖かそうだから、散歩するにはもってこいだわ。

 今月は鼻風邪だ、中耳炎だとよく病院にも行ったけど旭川の森山病院は不思議な縁を感じました。たまたまホテルから一番近かったのですが、ステージ前に行ってみたら何と!、私のいとこの嫁ぎ先と院長先生が懇意だった事が判明。私にとっては幸運で親切にしていただきました。ありがとうございました。おまけに診て下さった先生が私のファンで、このところはアナログ盤を集めてると言うではありませんか。早速このホームページの話をしました。実はディスコグラフィーで紹介出来ないアルバムが2枚ある事。(私の手許にないからなんですが・・・。)するとその先生、「中古屋、聞いてみましょうか?。意外にこっちの方があるかも知れませんよ」って。そして旭川から帰って一週間も経った頃、何とその内の一枚が送られて来ました。スペシャル・ブレンドアルバムがそれです。早速更新させていただきました。残りの一枚も在庫がないか聞いて下さっているとのこと。ホントにありがたい事です。実はもう一人、かなりマニヤな通称「ヤマケン」という方からも『お貸ししますぜ』と言っていただいてました。そうさせてもらおうかしら・・・と思っていた矢先の幸運でした。この方もすごい!。自分のH.Pを公開しているのですが、私の作品における諸評と分析には頭が下がるほどです。私のディスコグラフィーもかなりの出来だと自負しているのですが、このヤマケンさんもホントにすごい!!。去年のスィ−ト・ベージルのライブにも来て下さり、その後で率直な御意見をメールでいただきました。これほど真剣に聴いてくださる人達がいると思うとやりがいもあり、励みになります。ちゃんとやらなきゃ、作らなきゃと背筋が伸びる(?)思いです。人の気持ちに触れる作品を残して行かなければ・・・ね。

 人の出会いとふれあいを感じさせられた3月でもありました。北海道の初日の深川でのコンサートの後、うちの編集長の意向で、恒例の写真集用に深川市長とツーショットを撮らせていただきました。河野市長がH.Pに公開されたのを御覧になり、とても喜んで下さったそうです。昨日事務所に宅配便が届きました。その中には礼状と深川ワインとお菓子が入ってました。お気遣いいただいて恐縮です。でも気持ちがもっと、本当にうれしかったです。人との出会いも交流も、ある一言や行動がきっかけだったりする訳で『一期一会』という言葉をあらためて噛み締めた今日この頃です。思えば夕張に生まれ育ち、小さな街で、私は自分の一生で一体何人の人と出会えるのだろか?・・・そんな漠然とした事を思った事がありました。出来るだけ多くの人と会いたい、自分の存在を知ってもらいたい、子供心にそんな思いが沸き上がったものです。それが多分、都会志向へつながったのだろうと分析します。幸運にも歌手になり、まさにコンサートはそんな出会いの場所でもあります。ライブに来て下さって歌はもちろんの事、私自身を知っていただく機会でもあります。大多数とは言え、私にしてもその土地の気風や人柄を垣間見ることが出来ます。ひょっとしたら個人的に知り合う事もなきにしもあらず。何百人、何千人が一同に会した中、空気感で人との距離が一気に縮まる瞬間があります。このすばらしい出会いの瞬間を得たいが為に、ライブをやり続けるのかも知れません。いや、やり続けます。これからもずっと・・・。